桜井恵三氏とは?

1944年生まれ。フリーの英語通訳、英会話講師を自称。
同姓同名の大阪産業大学工学部教授には申し訳ないが全くの無関係。

宣伝行為が禁じられている巨大掲示板「2ちゃんねる」のEnglish板 その他英語に関するネット掲示板で、有り余る時間を武器に自説 及び自説に基づく英会話学習サイトの宣伝を2005年以来、継続している人物。
2ちゃんねる上では彼に対する様々な呼称があり、既に年齢が65歳を過ぎていることから「じじい」と呼ばれることもあるが、下に述べる彼の常識を逸した言動により「汚物」と呼ばれることが最も多い。

「科学的」と自称するが、当サイトで紹介するようなネット上の第三者の発言・論文等の盗用と内容の曲解を伴う自己正当性を主張するコピペを中心とする宣伝行為を2ちゃんねるで継続し、1000レス(発言)で終了する1スレッドで500レス以上を自分の発言で占める、該当スレッドの趣旨に無関係な桜井氏の発言を他の多くのスレッドにコピペする等の行為の結果、2ちゃんねる運営から11回に及ぶアクセス禁止処置を受ける。

特に2010年5月のアクセス禁止処置に対しては「通信の秘密の侵害」を理由として当時 氏が利用していたISP(プロバイダ)であるニフティを相手に東京地裁に民事訴訟を起こしたが、2011年4月15日、訴えの全面棄却により敗訴し、その後も桜井恵三氏側から控訴することなく結審している。
訴訟の理由としては上記の理由以外に、訴訟行為そのものが氏が展開する英会話ビジネスの宣伝であることを桜井恵三氏自らが2ちゃんねる上で公言していた。

自らの英語学習法の一般展開については、桜井恵三氏は2ちゃんねるで数年に渡り「学習者はもうすぐ数万人規模になる」、「日本の英語学習にパラダイムシフトが起きる」等と口癖のように継続して発言している。しかし、桜井恵三氏の妄想に近い願望は、涙ぐましくも見える毎日の宣伝活動の甲斐無く未だに達成される兆しは見られない。

なお、桜井恵三氏による2ちゃんねるにおける自演を含む宣伝行為(自称、「啓蒙活動」)は、2012年2月初旬以降に桜井恵三氏が使用を開始したプロバイダであるDIONのユーザーによって頻発する2ちゃんねる全サーバー書き込み規制(http://www42.atwiki.jp/dion/pages/25.html参照)により、事実上、12回目の長期アクセス禁止処置を受けているに等しい状況にある。これによりEnglish板は桜井恵三氏が登場する2005年以前の平穏かつ正常な状態を取り戻しつつある。

桜井恵三氏が提唱する英語学習方法に賛同する者に対しては、その学習過程をブログで公開することを条件として桜井恵三氏を講師とする無料学習モニターを常時募集している。しかし、その過程で桜井恵三氏に対し疑問・異論を唱えて離脱、もしくはそれを試みようとした者に対しては、公開しているブログを通じて執拗に粘着する(【番外編】桜井恵三氏 またしても無料モニター離脱者とのトラブル参照)ことが確認されていることから、桜井恵三氏への接触には慎重さを必要とすることは間違いない。

桜井恵三氏の2ちゃんねるにおける所行の詳細については、「英語学習総合-荒らし対策wiki:
桜井恵三◆aRZpjQmYwQ」 http://www20.atwiki.jp/fairstreams/pages/21.htmlを参照いただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください